歯にまつわる”夢占い”

【歯っぴー新聞5月号】

こんにちは、院長の大友です!

カーネーションこの季節 屋外に出て、草木が青々と生い茂るのを見ると夏が近づいていると感じます。
さて、ゴールデンウィークは、どの様に過ごされましたか? カレンダー通りに仕事を休んだ方やカレンダーと関係なく仕事をしていた方、様々な過ごし方があったと思います。

私は、筑波山に登ってきました。

神社の裏の登山口からのルートで、簡単ではないけれど、難しくもなく、汗をかきながら山頂まで辿り着きました。登山に最適な季節という事もあって、多くの方が来ていました。

体が不自由な息子を励ましながら山頂を目指す夫婦や年配の方だけのグループ、小さい子を含む親子連れなど、楽しそうにしている人、つらそうにしている人達の表情を見ることができました。

水戸に帰って、近所を散歩していて気がついたのですが、水戸の桜川の辺りは、ゴミや不法投棄が目立つのですが、筑波山には、ゴミが全く落ちていませんでした。筑波山には、水戸の林と違ってペットボトルも冷蔵庫も落ちていない。何故でしょうか?

登山をする人はマナーが良いのか?つくば市に住む人は、マナーが良いのか?水戸市と地域格差があるとは考えにくいのですが・・・誰か、答えを知っている方は教えて下さい。誰かが、ゴミを拾うための登山を繰り返しているのでしょうか?

そういえば、登山の途中でレスキュー隊が登山客を見守ってくれていたのを思い出しました。きれいな山や安全で楽しい登山の陰には、休日返上で働く彼らの汗があるのですね。一緒に山に登った息子たちは、何かを感じたでしょうか?

院長 大友 孝信


歯っぴー新聞バックナンバー