歯科衛生士によるメインテナンスで守る

せっかくのインプラントを守るには、約3か月~半年に1回のペースでメンテナンスに来て頂きます。
その理由としては、インプラントの歯は、何かの問題が起きていたとしても、天然の歯のように痛みの症状はほとんど無いからです。つまり、患者が異変に気が付く時にはかなり進行しているケースが多いのでという事です。
ですので、定期的に私どもがチェックし、問題が起きている兆候を早く発見し、早めに対処したいのです。このような定期的なメンテナンスを実施することでイプラントの長持ちを目指したいのです。

おおとも歯科では、下記のチェック項目の診査に加え、プロッフェッショナルクリーニングによりインプラント周囲の歯や歯肉を清掃していきます。

定期検診のメンテナスの内容

噛み合わせの確認

インプラント部分に大きな噛み合わせの負担がかかってしまっているか確認し、もし問題があれば噛み合わせの調整を行います。

歯肉の腫れ、出血の有無、膿の有無

目視で確認して、上記の事を確認します。問題が起きていれば、専用の機械での掃除や、薬物投与により炎症を抑えたりします。

レントゲン撮影

年に1度程度で、レントゲンを撮影し骨の状態を観察します。定期的に撮影する事で以前の物と比較する事が可能でもあります。

インプラント周囲炎の確認

インプラント周囲炎とは、インプラントの周りの骨を溶かしてしまう病気です。汚れや噛み合わせの負担により起きます。もし病気が確認できれば、必要な処置を行います。