矯正歯科

矯正治療とは?

皆さん、矯正と聞くと従来の「笑った時に見える金属の装置」をイメージされるかと思います。そのイメージから、矯正を行う事に抵抗がある方もいらっしゃる事でしょう。しかし近年、歯科矯正はとても進歩しており矯正装置の種類も様々です。

今までの矯正装置とは違って、他人からは矯正中と分からない様な目立たない装置もありますので、患者様のライフスタイルに合った装置を選択し、美しい歯並びへと改善できます。

悪い歯並びってどんな状態の事?

顔全体の印象は口元の印象によって大きく左右する事をご存知ですか?
表情を作る上で重要な役割を果たす口元は歯列によって受ける印象が大きく変わります。
矯正に踏み出せていないあなた、綺麗な歯並びに矯正し、素敵な笑顔を手に入れて下さい!

一般的に笑って歯が見える状態の時、並びが綺麗でない歯並びを不正歯列といいますが原因や矯正方法は様々です。まずは自分どの歯列に当てはまるか見ていきましょう。

叢生(乱ぐい歯)

叢生(乱ぐい歯)

顎のサイズに対して歯が並ぶ程の十分なスペースがない為、重なったり異常な場所に生えていたりと歯列がデコボコしている状態。

上顎前突(出っ歯)

上顎前突(出っ歯)

通常の位置よりも上の前歯が前方に大きく出ている状態。

下顎前突(受け口)

下顎前突(受け口)

下の前歯が上の前歯よりも前に出ている状態。

空隙歯列(すきっ歯)

空隙歯列(すきっ歯)

歯と歯の間に必要以上の隙間がある状態。

過蓋咬合

過蓋咬合

通常の噛み合わせよりも前歯が深く噛み込んでいる状態。

開咬

開咬

奥歯がしっかり噛めている状態においても前歯が噛み合う事が出来ない状態。

実際にはこれらの混合などもあるので一度来院されて診察を受けてみる事をお勧めします。
来院時には自身の歯列のどこがどう悪いのか、口腔内写真を用いながら説明致します。

歯列不正で様々な悪影響が!?

歯周病、虫歯になりやすい

上図の叢生では、歯が重なって生えて来てしまっている個所には歯ブラシが当たりづらく清潔不良になってしまいます。また食物片が詰まりやすかったりします。そこは細菌の住処となり虫歯や歯周病になりやすくなります。他の種類の不正歯列の場合も同様歯周病を引き起こしやすい口腔環境です。
理由は噛み合わせの不調和による咬合力の負担です。より負担を多く受ける歯が歯周病になりやすい傾向にあります。
実は、歯の長持ちと噛み合わせのバランスは大きく関係しているのです。

歯の欠損や摩耗が起こりやすい

こちらも噛み合わせの不調和が原因で引きおこる悪影響です。噛む力をとても強く受ける歯もあれば全く噛めていない歯があったりなどの咬合バランスの悪い歯列は、全部の歯がしっかりと噛んでいて力の分散が出来ている歯に比べて摩耗が起こりやすいのです。噛む力を強く受ける歯からすり減っていきます。

食事や発音がしづらい事や歯、顎に不自然なストレスや力がかかりやすい

理想的な歯列ってどんな状態?

  • 歯列にデコボコがなく乱れていない状態
  • 左右対称に並んでいて上下歯並びの中心線が合っている状態
  • 上下の歯列が平行で滑らかに(馬蹄形に)カーブしている状態
  • 上の歯が下の歯を被覆している状態
  • 横から顔貌を見た時に鼻と顎を結んだ線に唇が接している状態
  • スマイル時に咬合平面と(上下歯列が咬合した時の噛み合わさった面)スマイルラインが平行である状態

理想的な歯並びとは、「見た目が綺麗であるか」だけでなく「しっかり噛める事、バランス良く噛めている事」も重要なのです。歯の健康は健康寿命に関係している事が知られています。先進国においては、「矯正治療により達成できる事は、見た目の美しさだけでなく、心身共に健康に生きる事にもつながってくる」という考えが支持されています。

矯正方法の種類と方法

歯科矯正治療にはケースによって様々な方法があり様々な道具や材料も開発されています。
ここでは、最も代表的な2つの方法をご紹介します。

マウスピース矯正

マウスピース矯正

メリット
  • 目立ちにくい矯正装置の為他人から矯正期間中である事が分かりにくい。
  • 歯に装着される矯正装置はワイヤー矯正で使用される装置に比べて簡易的な形態である為ブラッシングしやすい。
デメリット
  • 自身でマウスピースを取り外しする煩わしさ。
  • 難しい症例の場合、一部ワイヤー矯正と併用の場合や対応できない場合がある。
    (ケースによりますので是非1度相談にいらっしゃって下さい)

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正

メリット
  • マウスピースの様に自分で取り外しする煩わしさがない。
  • どの症例にも対応出来る。
デメリット
  • 矯正装置が目立つ為他人から矯正期間中である事が分かってしまう。
  • 歯に装着される矯正装置が複雑な形態である為ブラッシングが難しい。

インビザラインとは?

当院はインビザラインのマウスピース矯正を行っております。
矯正方法は、歯を動かしたい方向に0.2mm形を変えたマウスピースを装着することで歯をずらしていこうという方法です。2週間装着した後に、さらに0.2mm形変えたマウスピースを交換していきます。1ヶ月に2つのマウスピースを交換しながら、どんどん理想的な歯並びに近づけていくやり方です。必要なマウスピースの数はケースによって様々です。元々の歯並びの乱れが大きいほど、治療期間と使用するマウスピースの数は増え、軽度なものほど、治療期間は短く、使用するマウスピースの数は少なくなります。

専用のソフトを利用して「現在どの段階まできているか」「今後どの様に歯を動かしていくのか」が確認でき、おおとも歯科のパソコン画面で患者示すことができる為に、自分の矯正治療がどの段階に来ているか?あとどのくらいで終わる見込みか?が確認できるために安心して治療に臨む事が出来ます。

マウスピース矯正始めてみませんか?

歯並びを改善する事は素敵な笑顔が手に入れられるだけでなく体全身の健康にも良い影響を与えるのです。矯正治療には時間がかかる為患者様の治療にとり組む気持ちが大切です。

「美しい歯並びを手に入れたい」「しっかり噛める様になりたい」そう感じた時が、矯正を始める良いタイミングではないでしょうか?

従来の矯正治療のイメージから、矯正治療に抵抗があった方もインビザラインで素敵な歯並びを手に入れる事が出来るのです!

まずは自身の歯並びはどの様な状態なのか、是非診察にいらして下さい。
きっとお役に立つアドバイスと良い治療法がご提案出来るはずです。

お気軽にご相談ください!