大昔の人たちは”歯痛”をどのように考えていたのか?

【歯っぴー新聞9月号】

こんにちは!院長の大友です。

バイオリンこの夏は日照時間が短かったために早場米の収穫は少なかったそうです。
そういえば、梅雨明けもはっきりしなかったですよね。そんな夏も終わり、過ごしやすい秋になりました。

今月23日の「秋分」は、昼と夜の長さが同じになる日。「秋分」を過ぎるとさらに秋らしくなり、「秋の夜長」がはじまります。 9月は「長月」とも呼ばれますが、これは「9月は夜が長い」といったことが語源だそうです。
夜には、虫の声を聞きながら月を見るゆとりが欲しいものですね。

さて、季節と一緒に政治も変わりました。政権交代は歴史的な事なのでしょうか、一時的な事なのでしょうか?いずれにしても多くの方が、今の生活を変えたいと思っているのだと思います。

変えたいといえば、「肉体改造」ですが(笑)、最近、私は 週一回程度スポーツクラブで汗を流しています。休診日の水曜日の午前中に行くと、高齢者の姿が目立ちます。

健康を維持する為にただ病院に通うのではなく、運動に通うという努力をしているのに感心しました。

皆が追い求める「幸せ」と「健康」は切っても切れない関係です。健康になりたい方たちのお手伝いをさせて頂くという意味では、スポーツクラブのスタッフも私たち医療従事者も同じ目標を持っているのだなと感じています。

健康になるために、幸せになるためにおおとも歯科選んでくれた人に「おおとも歯科に来院して良かった」と言われるように、スタッフと一緒に、技術と心を磨いていきたいと思います。

院長 大友孝信


歯っぴー新聞バックナンバー