歯科口腔外科

親知らずを抜くときや、口の中にできものができたとき、顎(あご)の関節が痛いとき、口の中を怪我してしまったときには、歯科口腔外科を掲げている歯科医院へ行ってください。

どの歯科医院の先生も口や歯のプロフェッショナルですが、歯科治療の多くは、むし歯や歯周病を対象としていますし、それぞれの先生の得意分野というものもあります。口やに関する外科的な処置を担当する診療科が、歯科口腔外科です。

歯科口腔外科では、横を向いて埋伏している親知らずの抜歯はもちろん、その他の部位の埋伏歯抜歯、または開窓術といって歯肉や骨を削って歯が生えやすくする手術等も行います。また、歯をぶつけたりした場合の外傷によってぐらついた歯や抜けかけた歯の処置も行います。

手術を伴う治療が多い分野ですので、アートインプラントセンターおおとも歯科では、他院で治療を受けている方のセカンドオピニオンも受け付けています。どうぞお気軽に相談に来て下さい。

親知らず(埋伏歯)について

本来生えるはずの歯が顎骨の中に埋ったままのの歯を埋伏歯と呼びます。

この埋伏歯は痛みも無くずっと無症状の場合もありますが、中途半端に歯の一部だけ出ている場合はトラブルの元となる事が多いのです。
その大きな理由はお口の一番奥にあり、歯磨きしずらく、不潔になりやすいからです。虫歯になったり、周囲の歯肉などの組織に炎症を起こしたりします。特に下顎の親知らずは、他の歯のようにまっすぐと生えずに横向きに埋伏歯の状態になる事もあります。このような状態を放置していると、親知らずだけでなくその手前の歯まで虫歯になりかねません。

また、抜歯しないで放置していると周辺の組織に菌が入り、周辺の組織に炎症を起こします。
感染は組織の隙間を通って広がりやすいので、時には首の方まで腫れたりします。
口を開け閉めする筋肉まで炎症が広がると口が開かなくなる事もあります。

このような親知らずは抜歯する必要があります。何も痛くなるのを待つ必要はありません。痛くなる前に、痛くならないように抜歯すべきです。

特に女性は妊娠中の手術や投薬に慎重になる必要がありますので、妊娠前に虫歯治療を終える事はもちろんですが、抜くべき親知らずがあれば、あらかじめ抜いておいた方が良いと思います。(結婚の予定が無くてもいつ妊娠するか分かりませんよね。)

一口に抜歯をするといっても、親知らずの抜歯は、簡単なものから難しいものまで様々なのです。また、安全に抜歯を行えるものから、危険(偶発症)を伴う可能性のあるものまで様々です。

アートインプラントセンターおおとも歯科では、水平埋伏歯の抜歯も行いますが、偶発症が出る可能性のあるものについては、優秀な歯科口腔外科のいる病院歯科へ紹介状を書きます。決して無理はいたしませんし、「ここでは出来ないからよそへ行って下さい」と、突き放す事はいたしません。正直に私には出来ない事は出来ないと言います。無理はいたしません。「一か八かの一発勝負」はいたしません。皆さん、抜歯に関するトラブルが無い歯科医院で抜歯したいですよね。

抜歯に伴う偶発症について

偶発症とは抜歯を行うことによって、発生する「事故のようなもの」の事ですが、事故とはいいません。

偶発症の中には、まれに術者の技術や注意不足によるものもありますが、抜歯の偶発症の多くは注意してもさけられないものです。例えば、大学病院等の経験豊富な口腔外科医ほど難しい抜歯を多く経験しているので、偶発症を起こした経験を持っているものなのです。
しかし、優秀な口腔外科医は偶発症が発生しても対応する判断力があるはずです。

ですから、アートインプラントセンターおおとも歯科では、難しい症例に関しては、何かあってもすぐに対処できるような優秀な口腔外科医のいる水戸医療センターの歯科口腔外科に紹介状を書かせて頂きます。

抜歯の偶発症で最も知られるものは、下歯槽神経の麻痺です。下顎の親知らず(埋伏歯)は、歯の根の先端部の近くに下歯槽神経が走行しています。抜歯時に歯根がこの下歯槽神経を圧迫し、損傷を与えるという事もありますし、抜歯の器具が神経に触れる事もあります。その結果、下の口唇のしびれが長期にわたり残ることがあります。

その他の偶発症としては、上顎の歯が、上顎骨の上顎洞(鼻の横の空洞)に迷入することや、抜歯後に止血しにくい事、一度止血したのに後に再び出血する等があります。

難しい抜歯について

水戸市の全ての歯科医院で、どんな歯でも抜けるというわけではありません。顎の骨深くに埋まった親知らずの根の先端が顎の中を通る神経と接している場合などは、抜歯の後遺症として、下歯槽神経麻痺があります。

唇の感覚、触覚が失われる場合もあるのです。この様な事は出来るだけ避けなければなりません。また、麻痺が出てしまった場合にはフォローしていかなけれなりません。

当院では、この「難しい抜歯」かどうかの判断を的確に行い、高度な医療機関での処置が適当と考えた場合には、水戸医療センターの歯科口腔外科に紹介状を書いています。