大友孝信が学術発表

南カリフォルニア大学歯学部から、以下の発表で「優秀賞」頂きました。

私を育ててくれた、先輩歯科医師や水戸市の患者さんに感謝いたします。この内容は、当医院の患者さんに良い治療を還元出来るようにいたします。

日本で開催される歯科界で最も大きい学術大会である、『日本歯科医学会総会』での学術発表です。一般の方は知りませんよね。しかし、これを知らない歯科医師、歯科衛生士はいません。4年に一度、横浜の横浜国際会議場(パシフィコ横浜)で行われる国内最大の歯科学会です。
4年に一度ですから、歯科界のオリンピックと呼ばれています。(私が、そう呼んでいます)私は、歯科医師が驚くようなトピックの講演をしました。これは、4年前には、なかった概念で、逆にあと4年経つとスタンダードになるであろう内容です。

4年に一度のタイミングで、私が、日本中の歯科医師に新しい治療を発表できた事に感謝いたします。

【 ↓ この原稿の一番下に大友が掲載されています 】 

「Concentrated Growth Factors(CGF)の歯科臨床への応用」
大友孝信( 南カルフォルニア大学歯学部客員研究員 )

患者の血液のみで、骨や歯肉を作るという治療法です。
当医院では、県内初!2010年に実用化しています。

南カリフォルニア大学歯学部に学んだ歯科医たち

最近、勉強のために海外研修に行ってきました。患者さんに一時的に迷惑をお掛けしておりますが、『長い目で見れば、必ず患者さんのためになる』と信じて頑張っています。現在、予約が取れにくいので、ご迷惑をお掛けしておりますが、どうか、末永くお付き合い下さい。

これからも、国内外での勉強の成果を、水戸市の方の治療に生かしていきたいと思います。